0%

Filmarkd初日満足度1位

メタモルフォーゼの縁側

大ヒット上映中

芦田愛菜 宮本信子/原案:鶴谷香央理「メタモルフォーゼの縁側」(KADOKAWA)/脚本:岡田惠和 監督:狩山俊輔/製作幹事:日本テレビ放送網 制作プロダクション:日テレアックスオン 配給:日活/©2022「メタモルフォーゼの縁側」製作委員会 ©2018 Kaori Tsurutani/KADOKAWA

Blu-ray&DVD 12月14日発売 著名人から感動の声 到着!

news

    view all
    • ムビチケオンライン券(特典なし)はこちら

    trailer

      Blu-ray&DVD 12月14日発売

      ぐっ

      17歳の女子高生と75歳の老婦人。ふたりをつないだのはボーイズ・ラブ

      story

      佐山うらら、17歳。
      みんなみたいにキラキラできない女子高生。
      唯一の楽しみは、毎日こっそりBL漫画を読むこと。

      もうひとりの主人公・市野井雪、75歳。
      夫に先立たれ、人生の終わりがちらつく今日この頃。

      ある日、ふたりは同じ本屋にいた。
      うららはレジでバイト。その目の前に出された一冊のBL漫画。
      顔を上げるとそこにいたのは雪だった。

      雪はBLの意味さえ知らず、きれいな表紙に惹かれ思わず手に取っただけ。
      初めての世界に驚きつつも、男子たちの恋物語にすっかり魅了され、老いた身体にときめきがよみがえる。
      続きが読みたい。雪は新刊を求め、再び本屋へ向かうのだった・・・。

      こうして出会ったうららと雪。
      好きなものを語り合える「友達」ができた。

      あくなきBL愛を語り合う日々の中、雪が言う。
      「うららさんは自分で漫画描きたいと思わないの?」

      そして、ふたりはある挑戦を決意。

      それは創作漫画の即売会「コミティア」への出展。

      年の差58歳、うららと雪の挑戦がはじまった。
      そしてそれは、あるメタモルフォーゼ(=変身)をもたらしていくことになるーーー

      introduction

      17歳の人付き合いが苦手な女子高生・佐山うららを演じるのは芦田愛菜。ドラマ「Mother」で脚光をあび、俳優として数々の最年少記録を塗り替えながら、活躍を続ける国民的俳優。夫に先立たれ孤独に暮らす75歳のおばあちゃん・市野井雪を演じるのは日本を代表する名優・宮本信子。『お葬式』や『マルサの女』で国内外の映画賞を多数受賞。以降、映画、ドラマと精力的に活動を続けている。二人の共演は『阪急電車 片道15分の奇跡』以来、10年ぶり。

      さらに、高橋恭平(なにわ男子)、古川琴音、生田智子、光石研など多彩なキャストが脇を固める。
      脚本を手掛けたのは、連続テレビ小説「ひよっこ」、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』など名作ドラマを数多く手掛けてきた名脚本家・岡田惠和。それぞれ別のさみしさを抱えたうららと雪の友情と変化を丁寧に落とし込んだ脚本を、狩山俊輔監督が美しい映像で紡ぎ出す。

      年齢も立場も肩書きも全く違うけれど、一緒に漫画を読んで、一緒に笑って、一緒に泣いて、時には激論を交わす、年の差58歳の女の友情。そして、BLでつながったふたりの人生は、意外な方向に転がりだしていく…。

      cast

      芦田愛菜

      佐山うらら

      芦田愛菜

      Profile+

      宮本信子

      市野井 雪

      宮本信子

      Profile+

      高橋恭平

      河村 紡

      高橋恭平

      Profile+

      古川琴音

      コメダ 優

      古川琴音

      Profile+

      橋本英莉

      汐谷友希

      橋本英莉

      Profile+

      伊東妙子

      佐山美香

      伊東妙子

      Profile+

      生田智子

      花江

      生田智子

      Profile+

      光石 研

      沼田

      光石 研

      Profile+

      staff

      • 監督 狩山俊輔

      • 脚本 岡田 惠和

      • 音楽 T字路s

      original

      原作 鶴谷香央理

      「メタモルフォーゼの縁側」全5巻(KADOKAWA)

      表紙画像
      原作公式サイト

      漫画「メタモルフォーゼの縁側」受賞歴

      • 「このマンガがすごい!2019 オンナ編」第1位
      • 「第 22 回文化庁メディア芸術祭マンガ部門」新人賞
      • 「THE BEST MANGA 2019 このマンガを読め!」第1位
      • 「俺マンガ大賞 2018」2 位
      • 「ブロスコミックアワード 2018」大賞

      special

      劇中でうららと雪が熱中する漫画「君のことだけ見ていたい」。
      人気BL作家コメダ優の代表作であり、男子高校生の友情と淡い恋愛が美しいタッチで描かれている。

      あらすじ

      同じ高校に通う幼なじみの咲良と佑真。
      はたから見たら、ただの仲の良い友達。でも…僕はそう思えない。
      切ない恋の先にあるものは――

      作画 じゃのめ

      ドラマ化!

      芦田愛菜Mana Ashida

      2004年6月23日生まれ。兵庫県出身。
      5歳で出演したテレビドラマ「Mother」(NTV/10)で脚光を浴び、大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」(NHK/11)に出演、「マルモのおきて」(CX/11)では連続ドラマ初主演を務めるほか、主題歌を歌い、第53回日本レコード大賞特別賞を受賞。『ゴースト もういちど抱きしめたい』(10)で第34回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞、『うさぎドロップ』(11)と『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)で第54回ブルーリボン賞新人賞を史上最年少で受賞、ほか第28回浅草芸能大賞新人賞など多数の賞を受賞。『パシフィック・リム』(13)でハリウッドデビューも果たす。近年では、連続テレビ小説「まんぷく」(NHK/18)で史上最年少で語りを務め、『星の子』(20)に主演、大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK/20)で明智光秀の娘・たま役で出演するなど、数々の映画、ドラマ、CMなどで活躍中。

      ×

      宮本信子Nobuko Miyamoto

      1945年生まれ。北海道出身。
      1963年文学座付属演劇研究所、1964年劇団青芸「三日月の影」(別役実作)で初舞台。1985年『お葬式』で第8回日本アカデミー賞優秀主演女優賞受賞。1988年『マルサの女』ではシカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞、第11回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、第61回キネマ旬報主演女優賞など受賞。以降舞台・テレビなど多数出演。JAZZ LIVEに出演するなど歌手としても活動している。近年の出演作は「坊ちゃん」(CX/16)、「奇跡の人」(NHKBSプレミアム/16)、「氷の轍」(ABC/16)、「北斗~ある殺人者の回心~」(WOWOW/17)、「ひよっこ」(NHK/17)、「この世界の片隅に」(TBS/18)、『いちごの唄』(19)、「あの家に暮らす四人の女」(TX/19)、『STAND BY MEドラえもん 2』(20/声の出演)、『キネマの神様』(21)などがある。2014年紫綬褒章受章。

      ×

      高橋恭平Kyohei Takahashi

      2000年2月28日生まれ。大阪府出身。
      なにわ男子のメンバーとして、音楽・テレビ・舞台・映画・CMと多方面に活躍中。主な出演作に、ドラマ「絆のペダル」(NTV/19)、「年下彼氏」(ABC・EX/20)、「メンズ校」(TX/20)、「ジモトに帰れないワケあり男子の14の事情」(ABC・EX/21)、映画『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』(17)、『映画 少年たち』(19)など。本作がCDデビュー後初の映画出演となる。

      ×

      古川琴音Kotone Furukawa

      1996年10月25日生まれ。神奈川県出身。
      2018年女優デビュー。主な出演作に、連続テレビ小説「エール」(NHK/20)、「この恋あたためますか」(TBS/20)、「コントが始まる」(NTV/21)、映画『十二人の死にたい子どもたち』(19)、『泣く子はいねぇが』(20)、『花束みたいな恋をした』(21)、『街の上で』(21)、『春』(21)、『偶然と想像』(21)などがある。

      ×

      汐谷友希Yuki Shioya

      2004年9月14日生まれ。静岡県出身。
      東京ガールズコレクションなどでモデルとして活躍し、女優としてもreGretGirl「グッドバイ」ミュージックビデオなどに出演。「湖池屋プライドポテト」、「ポカリスエット」のCMで注目を浴びる。本作が映画初出演となる。

      ×

      伊東妙子Taeko Ito

      2010年結成のT字路sのメンバーでギターヴォーカルを担当。2枚のフルアルバムのリリースを経て結成10周年を迎えた2020年、サード・アルバム『BRAND NEW CARAVAN』をリリース。リードトラックの「夜明けの唄」がWOWOW開局30周年記念「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」の主題歌に起用されるなど、幅広く支持される活動を続けている。本作が映画初出演となる。

      ×

      生田智子Tomoko Ikuta

      1967年2月13日生まれ。東京都出身。
      1983年映画『ウィーン物語 ジェミニ・YとS』(東宝)で本格デビュー。主な出演作に、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK/17)、映画『未成年だけどコドモじゃない』(17)、『累 かさね』(18)、『あまのがわ』(19)、『君は月夜に光り輝く』(19)、『劇場版 おっさんずラブ〜LOVE or DEAD』(19)、『アパレル・デザイナー』(20)、ミュージカル『魔女の宅急便』(18・21)など。

      ×

      光石 研Ken Mitsuishi

      1961年9月26日生まれ。福岡県出身。
      高校在学中に『博多っ子純情』(78)の主演に抜擢されデビュー。以降、数多くの映画・ドラマに出演する。近年の主な映画出演作は、『青くて痛くて脆い』(20)、『バイプレイヤーズ もしも100人の名脇役が映画を作ったら』(21)、『浜の朝日の嘘つきどもと』(21)、『由宇子の天秤』(21)、『マイ・ダディ』(21)など。公開待機作に、『やがて海へと届く』(22年4月1日公開予定)がある。

      ×

      監督 狩山俊輔Shunsuke Kariyama

      1977年生まれ。大阪府出身。
      ドラマ「奇跡の人」(NHKBSプレミアム/16)で第71回文化庁芸術祭賞大賞など数々の賞を受賞。主な監督作品にドラマ「Q10」(NTV/10)、「妖怪人間ベム」(NTV/11)、「泣くな、はらちゃん」(NTV/13)、「東京バンドワゴン~下町大家族物語」(NTV/13)、「生田家の朝」(NTV/18)、「俺のスカート、どこいった?」(NTV/19)、「知らなくていいコト」(NTV/20)、映画『映画 妖怪人間ベム』(12)、『青くて痛くて脆い』(20)など。

      ×

      岡田 惠和Yoshikazu Okada

      1959年2月11日生まれ。東京都出身。
      多彩な作風で連続ドラマを中心に、映画、舞台などの脚本を手がけている。主な作品に、ドラマ「最後から二番目の恋」(CX/12)、「泣くな、はらちゃん」(NTV/13)、「この世界の片隅に」(TBS/18)、映画『阪急電車 片道15分の奇跡』(11)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『雪の華』(19)、銀杏BOYZの楽曲を元に原作も手掛けた『いちごの唄』(19)、『おとなの事情 スマホをのぞいたら』(21)など。公開待機作に『余命10年』(22年3月4日公開予定)がある。

      ×

      T字路sTJIROS

      Gt,Vo:伊東妙子(いとう・たえこ/Taeko Ito)、Ba:篠田智仁(しのだ・ともひと/Tomohito Shinoda)

      伊東妙子(Gt,Vo)、篠田智仁(Ba/COOL WISE MAN)によるギターヴォーカル、ベースのデュオ。2010年5月に結成。2017年初のオリジナル・フルアルバム『T字路s』、2019年セカンド・アルバム『PIT VIPER BLUES』のリリースを経て、結成10周年を迎えた2020年のサード・アルバム『BRAND NEW CARAVAN』では、リードトラック「夜明けの唄」がWOWOW開局30周年記念「連続ドラマW トッカイ ~不良債権特別回収部~」の主題歌に起用されるなど、幅広く支持される活動を続けている。二人が織りなす音楽はブルースやフォーク、ロックンロールを飲み込みつつ、ジャンルの壁を超えるものであり、人生における激情や悲喜交交を人間臭く表現した楽曲たちがファンの心を鷲掴みにしている。

      ×

      鶴谷香央理Kaori Tsurutani

      1982年生まれ。富山県出身。
      2007年に「おおきな台所」でデビューし、同作品で第52回ちばてつや賞準大賞を受賞する。「メタモルフォーゼの縁側」が初めての単行本。その他の作品に初連載作品「don't like this」、短編集「レミドラシソ 鶴谷香央理短編集2007-2015」が発売中。

      ×

      じゃのめJyanome

      Comment

      咲良くんは繊細だけど、大胆。小悪魔っぽさもアリ。
      佑真くんは鈍感だけど優しくて、筋が一本通ってる。
      描く事で、二人の性格がより理解でき、物語にも沢山の発見がありました。
      静かな物語に見えて、実はすごくドラマチックなのです。
      幼馴染が大人になり、共に生きるまでの4巻分にすれ違いやささやかな幸せ。美しいシーンが、エモいシーンが、盛りだくさんでした。
      コメダ先生が描きあげた世界を、少しでも表現できてたら幸いです。

      Profile

      主な作品:「曲がり角に、犬」(16)、「門限8時の恋人」(17)、「黄昏アウトフォーカス」(19)、「残像スローモーション」(20)、「黄昏アウトフォーカス overlap」(20)、「宵々モノローグ」(21)、「お伽噺は泡と消え」(21)、「みちみちなるままに」(21)など。

      ×